街の法律家

ご挨拶

 

高校卒業後、地元の電子部品をつくる会社に就職しましたが、約6年勤めたのち以前より人の喜びを直接感じることができる仕事をしたいと考え旅行会社へ転職いたしました。
 旅行会社ではおもに営業の仕事をしておりました。お客様より要望を伺い又はこちらから提案をして納得いただいたうえで旅行計画を決定し、宿泊施設、運送機関、レストラン等の予約をしてチケットをお渡し、旅行中もトラブルがあれば対応しお客様に喜んでいただけるよう頑張ってきました。約20年で自分自身で企画した旅行で日本国内はもとより東アジア、東南アジアの観光地と呼ばれるところはほとんど添乗員としてご同行させて頂きました。人に頼られるということは重い責任も感じますが実現した時の喜びも何とも言えません。また営業の仕事をしていて様々な職業、お子様からお年寄りまで幅広い年齢層のお客様より旅行以外のいろいろな話を伺い大変勉強になりました。
 知人に行政書士という仕事をすすめられ、もっといろいろな人の役に立ちたいと思い何度も受験してやっと合格して行政書士になることが出来ました。
 個人的な旅行で四国八十八か所を歩きで一周しました。雨の日以外はテントに泊まって40日でまわりました。その時泊まった民宿の女将さんが88歳でひとりで宿を切り盛りしていました。その女将さんは近くに八十八か所のお寺があるから宿に泊まるお客さんがいるので自分も元気で働けるんだと言っていました。僕は思いました人間は人から必要とされると生き甲斐となり元気でいることができる。自分も人に頼られて期待を裏切らないために勉強しそれを生き甲斐としたいと考えております。
 中心としたい業務は遺言と相続ですができれば新規事業を立ち上げるお客様を営業許可と会計記帳業務でサポートして自分が携わったお客様は全部成功出来るようお手伝いしたいと考えております。

 

経歴

1973年5月6日 福島県いわき市常磐湯本町に生まれる
1992年3月   福島県立平工業高等学校 情報技術科 卒業
1992年4月   アルプス電気株式会社 入社 平工場勤務
1997年10月  総合旅行業務取扱管理者 合格
1998年1月   アルプス電気株式会社 退社
1998年1月   株式会社タビックスジャパン 入社 いわき支店 勤務
2015年4月   二級ファイナンシャルプランニング技能士 合格
2016年11月  行政書士試験 合格
2017年4月   行政書士 小竹康夫 事務所 設立

好きな言葉

『情けは人の為ならず』
「情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に返ってくるのだから、人には親切にせよ」という教えです。

 

私たちの仕事に関連する身近な例ですがお客様に色々な情報を伝えるのも大事な仕事です。お客様の立場に立って分かり易く伝えるためには伝えたい物事の本質を十分に理解していなければ正しく伝えることはできないと思います。

 

その為には日々自分自身も勉強していなければ伝えることはできません。つまり自分自身のスキルアップに繋がると言う事です。

 

常にその考えを念頭に置いてお仕事をさせて頂いております。


ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせはこちら