街の法律家

取扱業務記事一覧

飲食店、喫茶店を開店したい

 飲食店や遊技場を開業するには営業開始前に保健所、警察署に必要書類を提出し、その施設が基準を満たしているかどうか確認を受ける必要があります。行政書士は店舗の形態によって以下の許可申請手続きや届出等をを行います。@飲食店営業許可申請手続き(食堂、居酒屋、ラーメン店、カラオケ喫茶店等)A風俗営業許可申請...

≫続きを読む

 

運送業を始めたい

バス、タクシー、トラック等の運送業を始めるには複雑な許可申請書を作成しなければなりません。行政書士は、これらの許認可手続きはもちろんのこと、開業指導及び開業後の様々な業務指導まで行っています。(特殊車両の通行許可申請、軽貨物や代行運転業の開業手続きも行います。)

≫続きを読む

 

建設業を始めたい

 一定規模以上の建設業を営む場合は都道府県知事又は国土交通大臣のが許可が必要です。行政書士は建設業許可の要否や許可条件を満たしているか否かの判断をし、必要な書類の作成及び代理申請を行います。また建設業に関連する以下の各種申請も行います。@経営状況分析申請A経営規模等評価申請B入札参加資格申請C宅地建...

≫続きを読む

 

遺言書をつくりたい。遺産相続をしたい

通常、遺言には本人を筆者とする『自筆証書遺言書』、公証人を筆者とする『公正証書遺言』があります。行政書士は、これらの遺言作成をお引き受け致します。 また、遺産相続においては、法的紛争にある事案や、税務、登記申請に関するものを除き、遺産分割協議書等の作成及びその前提となる調査(相続人調査、財産調査等)...

≫続きを読む

 

契約書等を作りたい。

土地、建物等の賃貸借や金銭の消費貸借等を行う場合は、その内容を書面に残しておくことにより後々の紛争の予防になります。行政書士は、これら契約書類の作成や、発生したトラブルについて協議が整っている場合には『合意書』『示談書』等の作成も行います。その他必要な場合は『内容証明郵便』、『公正証書』等の作成も致...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせはこちら